ダイビング専用の保険

中性浮力について

中性浮力について 一人前のダイバーになるには、中世浮力をマスターすることは必須です。
水中で、自分の体を自由自在にコントロールすることは、ダイビングの基本なのです。
安全停止ができなかったり、水中で思うように止まれない場合は、中世浮力が取れていない状態です。
その原因は、呼吸でのコントロールができていなかったり、適正なウエイトでなかったり、エアの消費量が多かったりと、人によって様々です。
ダイビングの基礎である中世浮力を、しっかりとマスターするには、まずフィンピボットから練習するといいです。
水底に腹ばいになって、息を吸えば体が浮いて、吐くと沈むようにBCにエアを入れ、何度か呼吸を繰り返します。
すると、体が浮いたり沈んだりする感覚がわかってきます。
呼吸で体をコントロールできることが大切です。
呼吸によるコントロールと、適正なウエイト、正確なフィンキックによって、安定した姿勢を保てるように訓練します。
目標としては、どんな状況であっても、自分の体を自由にコントロールできるようになることです。

スキューバダイビングと水中ライト

スキューバダイビングと水中ライト スキューバダイビングをしていると、視界が暗いと感じることがあります。特に深く潜っているときは日光が届きにくくなってしまいます。また浅い場所でも岩の影などを見るときには暗いと感じることが多いでしょう。岩陰に潜む生物を観察するのもスキューバ―ダイビングの醍醐味の一つといえます。そのような場合に役立つのが、水中ライトです。水中ライトには多くの種類が存在します。

ダイビングの初心者には、邪魔にならない軽くてコンパクトな製品が人気です。光を照射する角度が広いタイプや照射できる距離が長いタイプなど、製品によってさまざまな特徴があります。自分のスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。また水中で撮影を行うカメラマンが使用する高性能なライトも多く売られています。魚が美しく映るように工夫されているような製品も少なくありません。また、夜にダイビングを行うようなベテランの人を対象にした光量が豊富な製品もあります。